1. HOME
  2. ブログ
  3. 女性アスリートのセカンドキャリアの選択肢

女性アスリートのセカンドキャリアの選択肢

女性アスリートのキャリアは、競技生活だけでなくその後のセカンドキャリアも含めて多様化しています。

スポーツキャリアは通常、早い年齢で始まり、また短期間で終えることが一般的です。
それゆえ、多くの女性アスリートは引退後の人生設計において、新たなキャリアへ進まなければなりません。
これらのセカンドキャリアは人によってさまざまな選択があります。

本記事では、セカンドキャリアの選択肢について掘り下げていきます。

女性アスリートのセカンドキャリア

女性アスリートのセカンドキャリアは大きく「進学」「就職」「結婚」の3つに分けられます。

この3つの中で今回は「進学」「就職」に焦点を当ててご紹介していきます。

進学

女性アスリートが競技生活を引退した後に進学を選択する主な理由は、新たなキャリアの追求個人的成長、そして自身の影響力を広げるためです。

一部のアスリートは、特定の職業に進むために新たなスキルや知識が必要となり、これを得るために進学します。
アスリートとしてのキャリアは一般的に早い年齢で始まるため、大学に進学せずプロや実業団に所属する選手がとても多いです。
引退後に進学することで、これらのアスリートは知識を深め、新たな視点を得るための個人的成長のチャンスを作ることが出来ます。
また、教育を受けることで、アスリートは自分の影響力をより広範囲に及ぼすことが可能になります。

就職

仕事にはさまざまな職種がありますが、今回の記事では「スポーツ関連」「飲食業」「一般企業」「起業」の4つについてお話ししていきます。

スポーツ関連

引退後もスポーツに関連した職業に就くことを選ぶ女性アスリートは多いです。

その中でも特に多いのがコーチングです。

競技者として培った技術や戦略、経験を活かして、次世代のアスリートの育成に携わることは、多くのアスリートにとって自然な選択となります。
また教員免許を持っている人は学校職員として部活動の顧問を務めることが多いようです。

ですが、全体的に見ると女性指導者の数は少ないのが現状です。
このことについては別の記事でご紹介します。

他には、テレビの解説やスポーツジャーナリストとして活動する例もあります。

飲食業

飲食業は、アスリートとしてのキャリアで培った健康や栄養に関する深い知識と経験を生かせる職業です。
特に、体のパフォーマンスを最大限に引き出すための食事に対する理解は、健康志向の高い現代社会で大いに求められています。
さらに、飲食業は自分自身のブランドを活用しやすく、ファンやスポーツ愛好者とお店等で直接つながる機会を提供し、交流することが出来ます。

飲食業は非常に競争が激しく、成功するには適切な位置付け、品質管理、財務管理など、多くのスキルと経験が求められます。

そのため、飲食業を経営する際には前もって準備をしておかなければなりません。

一般企業

女性アスリートの多くは一般企業に務めることになります。
現在、アスリートの引退後に仕事がない状態を問題視し、セカンドキャリアを支援してくれる企業が増えてきました。
また、アスリートならではの体力面、精神面を期待している企業も多くあるそうです。

その影響もあり、一般企業への入社は昔に比べしやすくなっています。

しかし、入社ができたとしても入社後の仕事や生活で挫折してしまうことが多いのが現実です。
引退の時期である20代後半から30代前半は一般の社会人だと、すでに会社の戦力として働いている時期になります。

その年齢で初心者として入社するため、結果として、周りとの差や年齢のギャップに苦しんでしまうのです。

ですが、それまでスポーツで培ってきた能力は0ではありません。
今まで得てきた経験を仕事に活かしていくことで、仕事でも結果が出てくるでしょう。

起業

引退後の女性アスリートが起業を選ぶ理由はさまざまありますがその中で3つ紹介します。

一つ目は、スポーツで磨いたスキルの活用です。
リーダーシップ、チームワーク、持久力などは、ビジネスにも直接役立ちます。

二つ目は、自己表現の場として起業を選ぶこと。
自分の価値観や情熱を商品やサービスに反映し、自分自身を市場に出すことができます。

三つ目は、社会への貢献。
自身のビジネスを通じて、社会的な問題解決や次世代への影響力を持つことが可能です。

起業はリスクが伴いますが、成功すれば経済的な自立を果たすことが出来ます。
起業する際は、現役時代から少しずつ知識を蓄えておくのが良いでしょう。

今回の記事ではセカンドキャリアとその例について見ていきました。

セカンドキャリアは、アスリートがスポーツ界で培った経験とスキルを活かし、自己成長や社会貢献のための新たな道を切り開く重要なステップです。

スポーツ関連の仕事、進学、一般企業で働くこと、起業など、選択肢は多岐にわたります。

これらの選択は、アスリートが新たな目標を追求し、自分自身を見つめ直す機会になるでしょう。

アスリートがセカンドキャリアを成功させるためには、早い段階からキャリアプランを立て、自分にあった職業を見つけることが重要です。

関連記事

vivinaru

ヴィヴィナル

vivinaruとは?

vivinaru(ヴィヴィナル)は、スポーツをしているしていないにかかわらず、全ての女性の人生の彩りを豊かにする情報を発信する女子スポーツメディアサイトです。「ウェルネス」「ライフスタイル」「トレーニング」「スポーツコラム」「イベント」など多彩な情報を発信していきます。