1. HOME
  2. ブログ
  3. 「大学硬式野球は、女子選手も試合に出場できる!?」沖縄県の公立大学で男子大学野球に挑戦する3人の女子選手たち

「大学硬式野球は、女子選手も試合に出場できる!?」沖縄県の公立大学で男子大学野球に挑戦する3人の女子選手たち

皆さんは大学硬式野球は女子選手も試合に出場できるって知っていましたか?

ここでは高校の男子硬式野球部に所属していた選手を紹介してきました。

高校の男子硬式野球部で女子選手が活動していることも珍しいことですが、大学の男子硬式野球部に活動する女子選手ってもっと珍しいと私は思います。

何気なくTwitterを見ていたら名桜大学硬式野球部に女子部員が入部したというツイートをたまたま発見しました。

最初は「女子硬式野球部なのかな〜」と思って調べてみると男子野球部でした。

男子の大学野球で女子選手がいるという話は聞いたことがなかったので、女子部員が3人も入部するということで名桜大の野球部にすごく興味が湧きインタビューさせていただきました。

名桜大硬式野球部Twitter

「大学硬式野球部に所属する女子部員」について色々紹介していこうと思います!

なんで名桜大学で野球を続けようと思ったの?

大学だったらもっと試合に出れる条件とか厳しくなるんじゃないのかな?

女子選手を受け入れてくれる大学ってどんなとこ?

という私が感じた疑問に答えてもらいました!皆さんも気になりませんか?

さすがに沖縄まで取材には行けませんでしたが、Zoomでいろいろ聞くことができました!

ビデオ通話取材にご協力いただいた3名の女子選手

まずは、3選手の名前と野球歴から紹介します。

【岸本みなみ(きしもとみなみ)】沖縄県出身。
兄の影響で小学校低学年から野球を始め、中学校では軟式野球部に所属しながら女子硬式野球チーム「沖縄ティーダバル」に所属。沖縄県の首里高校時代も硬式野球部で男子と共に活動した経験があり、名桜大学進学後も男子硬式野球部への入部。大学では看護師の勉強をしながら日々の練習に取り組んでいる。

【福島志織(ふくしましおり)】沖縄県出身。
監督をしていた父の影響で小さな頃から野球にふれ、周りの友達の影響もあり小学校1年生の時に本格的に野球を始める。中学校にあがると同時に「沖縄ティーダバル」に入部。中学校では軟式野球部、高校では女子ソフトボール部での活動と並行して硬式野球を続けてきた。名桜大学に進学した現在も男子硬式野球部で活動しながら沖縄ティーダバルの一員としての活動は続けている

【白畑美海(しらはたみみ)】鹿児島県・奄美大島出身。
父の影響で小学生の頃に野球を始め、中学校には鹿児島県の女子選抜に選出された経験を持つ。中学では軟式野球部、高校ではソフトボール部に所属していたが、名桜大学で硬式野球に初挑戦。大学ではスポーツ健康学科に所属し、体育の教員を目指している。

【沖縄ティーダバル】沖縄県初の女子硬式野球クラブチーム。創部10年目となり中学1年生から社会人まで幅広い年齢層で活動している。

同期に女子選手3人は偶然? 女子選手たちが名桜大野球部に入った経緯

── みんなが野球を始めたきっかけはなんですか?

岸本選手:兄が少年野球をやってたので私もやろうと思いました。
その時は先輩に女子選手が多かったので気軽にチームに入ることができました。

福島選手:私は父が昔監督をしていたみたいで、小さい頃から家にあったグローブでキャッチボールをしていました。
その時よく遊んでいた保育園の幼馴染がほとんど男子で、その子達が小学校で野球部に入ったので、私も入りました。
友達と一緒にいたかったというのが一番の理由です。

白畑選手:自分も父がずっと野球・ソフトボールをやっていました。
ナイターソフトを見に行ったり、一緒にキャッチボールなどをしていたので野球をやりたくなりました。

── 沖縄は女子で野球をやっている人は多いですか?

福島選手:多くはないです。

岸本選手:少年野球は多いんですけど、中学校では大体3分の1以下くらいまで減ってしまいます。
高校は県内で1学年に1人いるかいないかくらいだと思います。
私が高校生の時は1個上に違う高校でやっている先輩がいて、1個下はいなかったので、沖縄が特別多いということもないと思います。

── 3人はどうして名桜大学に入ろうと思ったのですか?

岸本選手:私は将来看護師になりたいと思ってます。
看護学科があって、野球ができるところと考えた時に、沖縄県内であれば名桜大だと思いました。

野球部では以前にも外間千砂登さんという女子選手が活躍していたことも知ってました。
外間さんのことは高校の野球部に入る前から知っていました。
首里高校の7つくらい上の先輩なので在学期間は被っていないんですが、話は色々聞いていました。

福島選手:私は姉が琉大だったこともあり、高校3年の最初までは琉大を志望していたんですが、なんか違うなと思うようになりました。
自分から勉強をしたいという熱はそこまでなく、女子野球を普及したい・携わりたいという思いの方が強かったので、ティーダバルで一緒だった(岸本)みなみと野球部に一緒に入ろうと相談し、名桜大への進学・野球部への入部を決めました。

── 県外は考えていなかったですか?

福島選手:親が県内志向で、私自身も県外で1人では生きていけないと思ってました。さらにコロナ禍ということもあって県内での進学を第一に考えていました。

── 白畑選手は鹿児島出身ですがどうして名桜大学を選んだのですか?

白畑選手自分は国公立大を狙っていて、大学では体育の教員免許を取りたいと思ってました。
公立大で、スポーツ健康学科では体育の教員免許が取れる名桜大を見つけ、進学を決めました。
入学当初はソフトボール部と野球部で迷っていたんですが、見学に行き野球部入部を決めました。

── 見学に行った時は2人(岸本・福島)も一緒だったのですか?

白畑選手:一緒でした。

── 女子の同期がいることは心強いですか?

3人:はい。初めてのことです。

── 岸本選手は高校野球部ではマネージャーさん多かったですか?

岸本選手:首里高校には同級生に女子マネージャーは2人いました。

── 選手の立場とマネージャーの立場では話しにくいこともありますよね?

岸本選手:はい。

次は大学野球について、3選手はどのように思っているのかなど気になることを質問していきました。

男子も女子も関係ない!とにかく楽しい!

── 大学野球では女性も試合に出場できるのですか?

福島選手:できます。認められていないのは高校だけで、小・中・大学は公式戦にも出れます。

── では試合に出場したことありますか?

岸本選手:私と(白畑)美海はあります。1・2年生中心で行われた練習試合で少しだけ出させてもらいました。

福島選手:私は自動車学校に通っていたので出られませんでした。

── 3選手とも内野手とお聞きいましたが、男子大学生の球は速くないですか?

福島選手:速いので楽しいです!

岸本選手:私は高校も男子とやっていたので慣れています。怖さはあまりないです。

福島選手:守備が好きなのでボールを取るときの楽しさが上回ってしまいます。

岸本選手:逆に女子だからと弱く打ってもらう方が嫌かなとは思います。

福島選手:同じ部活で同じ選手としてやっているので、特別扱いされてしまうと心にきますね。
本当の仲間になれていない気がして。中学校の時も少年野球が同じだったメンバーが多く、特別扱いの様なことは受けたことがないので、今そういう扱いをされると悲しいなと思います。

── 名桜大学野球部の他の部員たちは、女性選手も歓迎されている感じでしたか?

福島選手:すごくウェルカムな雰囲気です。先輩たちから話しかけてきてくれます。

岸本選手:先輩も優しいですし、同級生も気さくなので一緒に自主練とかしてその時教えてくれたりします。

福島選手:小さなことでもアドバイスをくれるので、自分のスキルアップにもなります。

── 練習環境はどうですか?

岸本選手:いいと思います。
雰囲気もいいし、広くはないけど専用グラウンドもちゃんとあって、ボールもいっぱいあるので、環境は整ってます。

── 監督さんは何歳くらいの方ですか?

3人:24歳です。(取材時)

── 大学野球での意気込みを教えてください。

岸本選手:妥協はしたくないと思います。

福島選手:私は守備が大好きなので、守備を極めたいなと思います。

白畑選手:私は今まで軟式とソフトしかやったことがなくて硬式野球は初めてなので、やるからには上手くなりたいなと思います。

3人ともすごく楽しそうに話してくれて、周りの環境もすごくいいんだなと感じました!

そんな彼女たちですが、本業は勉強になります。勉強と野球の両立はどうしているのか聞いてみました!

それぞれの将来に向けて学業と両立

── 勉強と野球の両立ってやはり大変ですよね?

福島選手:大変ですね。

── 一日の流れはどんな感じですか?

岸本選手:朝から講義を受けて、16:30から練習開始です。
19:00前くらいには全体練が終わり、そこから自主練の時間です。
日によって多少違いますがバスに乗って帰り、20:30頃に家に着きます。
そこからすぐ課題をやったり、一人暮らしなので自炊・洗濯・片付けをします。

福島選手:一番大変な日が火曜日と水曜日で、課題が多いのでいつも大体3時ごろまでやってます。
そこから寝て、5時くらいに起きて違う課題やって、8時までには家を出て大学に向かいます。
睡眠時間2時間くらいしか取れないので大変ですね。

岸本選手:私は12時までには寝れるように毎日頑張ってます。

福島選手:え、まじ!?寝れる?

岸本選手:余裕で寝れる笑

ここからは女子野球についての思いや、今後の夢や野球との関わりについて深く聞いてみました

沖縄県でも女子野球を 3選手の将来の目標

── 高校の時は丹波連合には参加していなかったのですか?

岸本選手高3で参加する予定だったんですけど、コロナの影響で試合がなくなってしまいました。

福島選手:もともと夏期講座の関係で、高校の大会は春の大会しか
参加できない予定でしたが、それも中止になってしまいました。
ティーダバルで愛媛の大会(女子硬式野球全国大会)に出る予定もありましたが、それも中止でした。

岸本選手:だから丹波連合として女子高校野球の大会は出られなかったです。

── 今年は愛媛(全国大会)には出場しますか?

福島選手:ティーダバルから招集はかかっているので、私は行くと思います。

── 3人ともティーダバルで参加できないのかな?

岸本選手:いけるよね

福島選手:常時メンバー募集中なので

第17回全日本女子硬式野球選手権大会

── 今は3人とも沖縄にいるわけだけど、将来的にはどう考えていますか?

岸本選手:私は看護師になるのが夢なので、そこを第一に考えています。
県外や離島などに就職したとして、野球を続けられる環境があれば続けたいという感じです。
「自分の力で沖縄に女子野球を広めよう」というような思いはないです。
野球以外でも沖縄にこだわるということはないです。

福島選手:私は沖縄に残ります。大学では女子野球の普及活動についても学んでいきたいと思います。
南部商業の女子野球部がゼロからスタートしているので、近くで見ていて学べることは多いと思います。
将来的に監督をしたり、沖縄で女子野球を広めたりしたいです。

白畑選手:私は体育教師を目指しているので、部活で野球やソフトボールを顧問として見ることができたらいいなと考えています。
鹿児島出身なので沖縄にこだわりはないです。

福島選手:沖縄捨てないで〜笑

── いいお話をたくさん聞けてよかったです!本日はありがとうございました。

3人:ありがとうございました!

今回は、「なんで大学の男子硬式野球部に女子部員が3人も入部したんだろう?」という疑問から、直接3人に取材させてもらいました。

男だから、女だからじゃなくて、野球が好きだから野球部に入部された3人からは野球が大好きな気持ちがすごく伝わってきました。

野球部自体の雰囲気もすごく良く、何より3人ともとっても楽しそうでした。

女子硬式野球部がある大学はまだまだ少ないのが現状です。

大学に関しては学部や専攻したい分野の関係もあり、行きたい大学に女子硬式野球部があることは極めて稀なケースです。そんな中で名桜大学のように男女関係なく上を目指して野球ができる環境というのは、野球を続けたいと思っている女子選手にとってものすごく大きいことだと思います。

「大学で勉強したいことを学べて、好きなことも続けられる」こんな素敵なことはないですよね!

大学野球は女子選手が出場できるということを知らない人は多いと思います。

今回お話を聞くまでは私も知りませんでした。

野球をやっている女子高校生や、学生野球関係者でも知らない人は多いんじゃないでしょうか?

男女で差があるのは当たり前のことなので、全国の大学に女子野球部がもっとたくさんできることに越したことはないと思います。

でも今すぐ全国の大学に女子野球部ができるのかというとそれは難しいと思います。

今回取材に協力してくれた3人のことや、名桜大学の活動をもっとたくさんの人に知ってもらうことができれば、大学でも野球を続けようと思う女子選手は増えると思います!

今後も女子選手たちの楽しそうに野球に取り組む姿を記事として紹介することで、この輪を拡げていければいいなと思います

名桜大学HP

名桜大学硬式野球部公式ブログ

名桜大学硬式野球部Twitter

関連記事

vivinaru

ヴィヴィナル

vivinaruとは?

vivinaru(ヴィヴィナル)は、スポーツをしているしていないにかかわらず、全ての女性の人生の彩りを豊かにする情報を発信する女子スポーツメディアサイトです。「ウェルネス」「ライフスタイル」「トレーニング」「スポーツコラム」「イベント」など多彩な情報を発信していきます。