1. HOME
  2. ブログ
  3. 【埼玉編】6府県で女子野球を経験した久保夏葵が各地で感じたこと

【埼玉編】6府県で女子野球を経験した久保夏葵が各地で感じたこと

岩手県出身の私は、当時県内に女子野球部を持つ高校がなかったことから高知県の室戸高校に進学しました。その後は京都府・愛知県で女子プロ野球選手として活動、兵庫県で女子クラブチームに所属した後、昨年からは埼玉県の平成国際大学で活動しています。

今回は昨年平成国際大学に入学し、大学生として新たな女子野球人生をスタートした埼玉県にフォーカスして書いていきたいと思います。

〜2015〜15歳中学校まで岩手県
201515歳室戸高校 女子硬式野球部高知県
201818歳女子プロ野球 育成球団レイア京都府
201919歳女子プロ野球 愛知ディオーネ愛知県
202020歳兵庫ブルーサンダーズ兵庫県
2021〜21歳〜平成国際大学 女子硬式野球部埼玉県

現在は、埼玉県の平成国際大学で保健体育の教員免許取得を目指しながら、女子硬式野球部の一員として活動しています

女子野球選手が増えている中で、これらの選手が活躍できる場所を作ること、選手たちのサポートができるようになり、少しでも女子野球の普及・発展の力になりたいと思い、大学4年生の年齢で大学に入学するという道を選択しました。

平成国際大学女子硬式野球部は2007年に創部し、2020年に第1号の女子野球タウンに認定された加須市で15年間活動しています。加須市には平成国際大学の他にも、埼玉西武ライオンズ・レディース、花咲徳栄高校など、多くの女子野球チームが活動しています。また加須市に限らず、埼玉県には多くの女子野球チームが存在します。

チーム名市町村区分
埼玉西武LL加須市クラブ
ZENKO BEAMSふじみ野市クラブ
クラブ
平成国際大学加須市大学
尚美学園大学川越市大学
花咲徳栄高校加須市高校
埼玉栄高校さいたま市高校
叡明高校越谷市高校
埼玉県に拠点を置く主な女子硬式野球チーム

また、女子アマチュア球界“トップレベル”とされるヴィーナスリーグ、高校女子野球の春の全国大会が開催(一昨年までは高校秋の全国大会も加須市開催)されており、地域の方は女子野球に触れる機会も多く、応援していただけることも多々あります。

今、私達がここで野球に打ち込むことができているのは、地域の皆さんの理解や支援、ご協力があること、地域の方々に応援される歴史を作り上げてきた先輩方の活動があってこそだと思います。その環境で野球ができることを幸せに感じ、私たち自身ももっと地域の皆さんに応援していただけるチームにしていきたいと思いました。

ここまで約1年半の大学野球生活はチームメイトに恵まれ、様々なことを教わりながら新しいことにも取り組むことが出来たと思います。高校から女子プロ・社会人野球を経ての大学野球。もっと頭を使って野球に取り組まなければならないと改めて痛感しました。また、授業で思うように部活に参加できない日も学年が上がるごとに増えていきます。全体練習に参加できる日にいかに効率の良い練習ができるか、練習に参加できない日は自分自身で何に取り組むのか、常に考えながら生活することが身についてきました

現在は自分自身の成長を目指すとともに、キャプテン、副キャプテンと練習メニューを考えたり、ピッチャーの継投のタイミングを考えたりしています。選手を観察する力や判断力、対応力など、まだまだ足りないことばかりです。色々なことを経験し、考えながら、少しずつでもこのような力をつけ、将来に活かしていきたいと思っています

ただ自分自身がひたむきに野球に打ち込んでいるときとは違い、周りの選手やチーム全体のことに目を配ることで新たな発見があったり、今まで気づかなかった単純なことに気づいたりしました

今の大学野球生活は楽しんだり、悩んだり、思い通りにいかないことがあっても、多くのことに挑戦し、とても充実しているように感じています。何よりもやりがいもあり、楽しく生活できていると思います

今、素晴らしい環境で野球ができていることに感謝し、自分自身の目標のため、そして女子野球の未来のために、これからもたくさん考え、挑戦し、経験し、自分の力にしていきたいと思います。

関連記事

vivinaru

ヴィヴィナル

vivinaruとは?

vivinaru(ヴィヴィナル)は、スポーツをしているしていないにかかわらず、全ての女性の人生の彩りを豊かにする情報を発信する女子スポーツメディアサイトです。「ウェルネス」「ライフスタイル」「トレーニング」「スポーツコラム」「イベント」など多彩な情報を発信していきます。