1. HOME
  2. ブログ
  3. 【愛知編】6府県で女子野球を経験した久保夏葵が各地で感じたこと

【愛知編】6府県で女子野球を経験した久保夏葵が各地で感じたこと

岩手県出身の私は、当時県内に女子野球部を持つ高校がなかったことから高知県の室戸高校に進学しました。その後は京都府・愛知県で女子プロ野球選手として活動、兵庫県で女子クラブチームに所属した後、昨年からは埼玉県の平成国際大学で活動しています。

今回は女子プロ野球・愛知ディオーネ時代に過ごした、愛知県にフォーカスして書いていきたいと思います

〜2015〜15歳中学校まで岩手県
201515歳室戸高校 女子硬式野球部高知県
201818歳女子プロ野球 育成球団レイア京都府
201919歳女子プロ野球 愛知ディオーネ愛知県
202020歳兵庫ブルーサンダース兵庫県
2021〜21歳〜平成国際大学 女子硬式野球部埼玉県

女子プロ野球選手としての2年目のシーズンは、愛知県で野球に打ち込みました。

中部地方では昨年からセンターリーグが行なわれています。関東や関西に比べると、まだチーム数は少ないですが、毎試合、熱戦を繰り広げ、盛り上がりを見せています。しかし、当時はディオーネが淡路島から愛知県の一宮に拠点を移して2年目のシーズン。振り返って考えて見ると、県内に女子野球が根付く第一歩を踏み出した段階だったのではないかと思います。

それでも、小学生からは「ディオーネの選手だ!」と認識されていたり、「いつ試合があるの?」「勝ったね」「惜しかったね」と地域の皆さんに声をかけていただいたり、街中で試合告知のポスターを見かけることも多くありました

拠点が一宮に移ってから約1年しか経っていないにも関わらず、多くの方に認知していただいていることを感じました。中日ドラゴンズがあることや、高校野球激戦区であることもあり、元々野球熱が高い地域ではありますが、拠点が愛知に移った1年目の愛知ディオーネの選手・チーム関係者の方々の様々な取り組みがあったからこそ、地域の皆さんに愛され、応援していただけるチームになったのだと思います

愛知ディオーネは一宮に拠点を移す以前は、兵庫県の淡路島で兵庫ディオーネとして活動していました。当時、兵庫ディオーネに在籍していた選手から、淡路島の企業や地域の皆さんに協力していただいた話などをたくさん聞く機会がありました。

現在、女子プロ野球リーグは無期限の活動休止となってしまいましたが、淡路島や一宮に灯った女子野球の火は消えてしまったわけではありません。淡路島では田中朋子監督(元兵庫ディオーネ)が淡路BRAVEOCEANS、一宮市では碇穂監督(元愛知ディオーネ監督)が東海NEXUSを立ち上げ、地域密着型のクラブチームとして活動しています。

淡路や一宮の例から考えると、チームの移転などがあっても一度地域の方々に女子野球の魅力を知っていただければ、再びその地で活動できる可能性は高いということが分かります。もちろん、チームとして、女子選手として応援される様なプレーや行動をするということは大前提となりますが。

兵庫ディオーネと愛知ディオーネ。そして、淡路BRAVEOCEANSと東海NEXUS。どのチームにも言えることは、地域に愛され、応援されているということです。これはどのレベルの野球チームでも、必要不可欠なことだと思います。私自身も現在、大学で部活動として野球を続けていますが、地域の皆さんから愛され、応援していただけるチームになることを目指して日々の練習・試合に向かっていきたいと思います。

関連記事

vivinaru

ヴィヴィナル

vivinaruとは?

vivinaru(ヴィヴィナル)は、スポーツをしているしていないにかかわらず、全ての女性の人生の彩りを豊かにする情報を発信する女子スポーツメディアサイトです。「ウェルネス」「ライフスタイル」「トレーニング」「スポーツコラム」「イベント」など多彩な情報を発信していきます。