1. HOME
  2. ブログ
  3. スポーツの魅力:男女で違うルールとは?

スポーツの魅力:男女で違うルールとは?

今回は女子スポーツと男子スポーツの違いを『ルール・種目』から探っていきます!
各スポーツによって男子と女子でルールや種目の違いがあったりなかったりと、とても興味深い結果になりました。

男女でルールや種目が同じスポーツはどんなものがあるのか、どんなところが男女で違うのか、

早速みていきましょう!!

男女でルールや種目が同じスポーツ

男女でルールや種目が同じスポーツは以下のものが挙げられます!

  • サッカー
  • カーリング
  • 水泳
  • フェンシング
  • バドミントン
  • 卓球   など

これらのスポーツは基本的には男女別で行います。
この中でもサッカーは男子と同じく前半・後半それぞれ45分の合計90分でプレーしています。

では、男女でルールや種目が違うスポーツにはどんなものがあるのでしょうか。

男女でルールや種目が違うスポーツ

数多くありますが、その中で『体操競技』『バスケットボール』『陸上競技』について紹介していきます。

. 体操競技

体操競技では男女で種目・ルールに大きく違いがあります。

男子の種目
ゆか・平行棒・跳馬・あん馬・つり輪・鉄棒の6種目

女子の種目

ゆか・”段違い”平行棒・跳馬・平均台の4種目

このように、体操競技では男女で種目の種類や数に違いがあります。
この中で、ルールに大きく違いがある種目が『ゆか』です。

『ゆか』の男女のルールに違いについてみていきましょう。

男子のゆかのルール

演技時間:70秒
ゆかの特徴:力強さや、技の難易度、ダイナミックさが求められる。

女子のゆかのルール

演技時間:90秒
ゆかの特徴:男子と違い音楽を使用する。バランス能力やリズム感などが求められる。技の難易度だけでなく表現力も求められる。

『ゆか』は同じ種目名ではありますが、男子は迫力のある演技を、女子は華やかで美しい演技を見ることができます。

2. バスケットボール

バスケットボールでは男女でコートや時間、リングに違いがありませんが、

唯一違いがあるのが『ボール』です!

中学生以上の場合、男子は7号、女子は6号のボールを使用しています。
6号のボールは直径約23.2cmと7号のボールに比べ小さいものとなっています。
(7号のボールは直径約24.5cm)

そのため、手の小さい女子選手でも扱いやすくなっています。

陸上競技

陸上競技では種目数や距離、使う道具が違う競技があります。

・種目数が違う競技

男子では『10種競技』女子では『7種競技』と種目数が減っています。

種目内容は以下のようになっています。

男子女子
100m100m
ハードル
走り幅跳び走り高跳び
砲丸投げ砲丸投げ
走り高跳び200m
400m走り幅跳び
100m障害やり投げ
円盤投800m
棒高跳び
やり投げ
1500m

・距離が違う競技

距離が違う競技は『ハードル』『競歩』があります。
ハードルは男子110mに対して、女子が100mとなっています。
競歩は男女ともに20kmがあり、それに追加して男子には50kmがあります。

・使う道具が違う競技

使う道具が違う競技には投てきの4種目が挙げられます。

  • 砲丸投げ
    • 男子: 重さ7.26kg
    • 女子: 重さ4kg
  • 円盤投げ
    • 男子: 重さ2kg
    • 女子: 重さ1kg
  • ハンマー投げ
    • 男子: 重さ7.26kg
    • 女子: 重さ4kg
  • やり投げ
    • 男子: 重さ800g、長さ2.6〜2.7m
    • 女子: 重さ600g、長さ2.2〜2.3m

男子に比べ女子は軽くなっていることがわかります。
女子の運動能力に合わせたルールによって、女子選手が実力を発揮することができます。

最後に

いかがだったでしょうか?

男女でのルールや種目の違いは、単なる性別の違い以上の意味があります。
それぞれの競技が求める能力や特性に合わせて、ルールが設計されているのです。
こうした違いが、スポーツ全体の魅力を豊かにしています!

今回は7つの競技についてご紹介してきました!
他のスポーツにも興味を持っていただけたら嬉しいです!

関連記事

vivinaru

ヴィヴィナル

vivinaruとは?

vivinaru(ヴィヴィナル)は、スポーツをしているしていないにかかわらず、全ての女性の人生の彩りを豊かにする情報を発信する女子スポーツメディアサイトです。「ウェルネス」「ライフスタイル」「トレーニング」「スポーツコラム」「イベント」など多彩な情報を発信していきます。